スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
うちの玄米ごはん
うちの玄米ごはん
高山 なおみ
うちの玄米ごはん
定価: ¥1,680
販売価格: ¥1,680
人気ランキング: 16203位
発売日: 2004/09/01
発売元: 日本放送出版協会
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

おおらかな玄米食
玄米関係のものとかマクロビオティック関係のものって
どこかかたくなだったり、厳しすぎたり、
本を見ただけでめげちゃうものが多いんですが、
この本は高山さんらしく、
とてもおおらかで、気取ってなくて、
堅苦しくなくて、気持ちが温かくなる本です。

お肉もお魚も載っていますが、
お野菜のおいしそうなお料理がとても多いです。
「ダメだ、出来ない」と泣きたくなるような玄米関係の本が
多い中、これは包容力がある、とても温かい本だと思います。
玄米関係で何かお買い求めになるんでしたら、これがオススメです。
ただし、おおらかな本ですので、厳密なこととか、
材料、調味料などをキッチリしたい方には薦められないかも
知れません。

忙しくて料理が得意でも大丈夫な日常のご飯作りに
写真もたくさんあって細かく説明しているので、料理をあんまりしない人にとってはとても使える本だと思います。普段手に入りやすい野菜や素材を使っているので、何かを買いに走らないとっていうタイプの本ではありません(せいぜいナンプラーくらいでしょうか)。

組み合わせや発想が平凡ではないのでレシピはとても良いのですが、あんまり複雑な料理はないので、そういう本を期待している人には不向きだと思います。

特においしいなと思ったのが、しらす炒り卵のあんかけ丼です。食べ終わるまで無言でした。簡単だし、ありそうなんですが、今まで食べた事がなかったです。

玄米食を始めたいけど、本格的にマクロビをやったりする程ではない人にも良いかも知れません。



毎日のことだからシンプルに
これまでいろんなお料理本をみてきたけれど、
なんだかっだ言って「手に入りやすい素材で作れる素朴な料理」に
勝るものはないというのが私の結論です。
それで行き着いたのがこの本!

ここに載っているのは、毎日の食卓を意識したお料理です。
よそいきでない、ほっと安心して食べられるようなシンプルで飽きのこない食事。
どれも色彩的には地味なお料理ばかりですが、
普段の食生活においては食器も盛り付け方も、華美にする必要などまったくないわけですよね。
そこに高山なおみさんの“生活”というものをかいま見た気がしました。

スポンサーサイト
【2007/04/22 21:12 】 | マクロビオティック ごはん
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。