スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
マクロビオティックをやさしくはじめる
マクロビオティックをやさしくはじめる
久司 道夫
マクロビオティックをやさしくはじめる
定価: ¥1,470
販売価格: ¥1,470
人気ランキング: 26211位
発売日: 2004/12/01
発売元: 成甲書房

まるで医学書
大変中身の濃い、奥が深い本です。
恋だの愛だの名声だの言っても、食べない事にはこれら全ては始まりません。全ては食べる事から始まります。「何をいかにして食べるか」を真剣に考え、その判断が正しければ自ずと他の付随する諸問題も正しく解決できるようになります。
 久司さんの本は他にも「マクロビオティック・入門編」も有り、これと並んでどちらも入門者・初心者に大変親切な書き方となっていますので一読をオススメいたします。最初の数ページだけ読んでも中身の濃さが分かるのではないでしょうか。
人は普遍的な真理・大切な事は遠くに有るものと思いがちのようですが、大抵は身近に有るもなんです。私の体験からも分かりますが、物事を突き詰めていくとその殆どの答え、いや、全てと言っても良いと思いますが、大変に身近な物が一番大切な場合がよく見受けられるのです。その事を再認識させられた本がこれです。
「なぜ食が物事の根源に深く関係しているのか・・・」がこの本を読めば分かります。「そんなバカな・・・」と思わずに、チョロット読んでもらいたい。この本の内容は、子供から大人まで理解できるはずです。しかも奥が深いことが。「全ては繋がってる」という事。
医学にしろ、健康にしろ、身近な事から遠くのものまで全ては繋がっている・・・だからそれを正そうとすれば必ず食の問題にブチ当たる!と。聞けば聞くほど「ナルホドな・・・」と納得できますよ。

●目次
第1章 マクロビオティックはこうして誕生した
第2章 まずアメリカが認めたマクロビオティック
第3章 宇宙の秩序と食事の原理
第4章 人が病気になるメカニズム
第5章 顔や外見にあらわれる病気の前兆
第6章 病気を根本から治すために
第7章 各症状への具体的なアプローチ
スポンサーサイト
【2007/04/14 02:47 】 | マクロビオティック 理論
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。